ロストバゲージがない空港がある!航空会社の補償はあるの?

開港以来ロストバゲージが起きていない空港がある

海外旅行で起きやすいトラブルにロストバゲージがあり、IT化などが進んでもなかなか対応が難しい部分があるようです。バーコードなどで荷物のチェックはするものの、どうしても荷物の積み下ろしは人の手に頼らなくてはいけません。その人がミスをすると荷物が行方不明になる可能性があります。ロストバゲージにはいろいろな原因がありますが、まずは空港自体がどんな取り組みをしているかで発生数も異なるのでしょう。実は日本には開港以来ロストバゲージが起きていない空港があり、その他の日本の空港でもロストバゲージが少ない空港が多くなっています。日本の空港の仕組みを他の空港でも取り入れてくれれば、世界で荷物が失われるトラブルも少なくなるのでしょう。

ロストバゲージが発生した時の補償や保険

海外旅行に行くとき、行きの荷物としては着替えなどが多そうです。帰りとなるとお土産などが追加されます。どちらの荷物も旅行に必要で、確実に管理して持ち運ばないといけません。ただ飛行機に乗るときは自分で管理できる荷物が制限されます。大きな荷物などは機内に持ち込めず、預かってもらう必要があるでしょう。このときに発生するトラブルがロストバゲージで、行きだと着替えなどが失われ、帰りだとお土産を失うかもしれません。このとき最終的に荷物が戻ってこないとどうなるかですが、各航空会社の取り決めに従った補償が受けられます。金銭的な補償で、十分と感じるときもあれば足りないと感じるときもあるかもしれません。その他海外旅行保険で必要な荷物の購入ができるなどの補償があります。

フラマイレーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です