ロストバゲージを防ぐ方法は?自分で対策をしておこう!

変わったネームタグなどで荷物を識別

子供のころは自分の持ち物に名前を書くように言われました。同じようなものを持ってきているとき、名前が書いていないと誰の持ち物かわかりません。学校ではよく似たものを使うのでそう言われるのでしょう。その後成長するにつれて自分の物への管理がしっかりできるようになり、いちいち名前を書いたりしなくなります。ただ海外旅行に行くときには荷物に名前を書いた方がいいかも知れません。空港で荷物を預けた後、目的地で受け取ろうとしても出てこないケースがあり、間違って持って行かれた可能性があります。ネームタグがあれば誰の物かの識別が可能です。さらに奇抜なネームタグをつけておくようにすれば、すぐに自分のものが見つけられるメリットになるでしょう。

過去に旅行した時のタグはその都度外す

海外旅行をするとき、パスポートにそれぞれの国の印などを押してもらえます。この印は必要だから押されるものになりますが、記念の意味合いを感じたりもするでしょう。沢山旅行をしている人なら、印を見てどこに行ったかなどを思い出すかも知れません。それ以外にどこに行ったかが分かるものに荷物につけられるタグがあります。それぞれの空港などで取り付けられ、これによって荷物の識別がされます。空港から出ればタグは不要になりますが、そのまま外さずにつけたままの人もいるようです。この過去のタグがロストバゲージの原因になるときもあるので注意しましょう。記念としてつけておきたいと感じるかもしれませんが、その都度外しておくと安心です。

フラマイレーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です