本栖湖のアクセス方法やおすすめスポット情報

本栖湖の位置や特徴について

本栖湖は富士山の北西部に位置する湖で、富士五湖の中では一番西に位置しています。湖面の海抜は約900mで河口湖より約50m高く、湖の深さは富士五湖の中で1位です。河口湖と違って駅からかなり遠い場所にありますが、様々な魅力をもつため夏場を中心に年間を通じて観光客で賑わっています。

本栖湖へのアクセス方法

一番メジャーなアクセス方法は富士急行線に乗って河口湖で降り、ここからバスで湖に向かうという形です。ちなみに河口湖駅からの路線バスに乗ると1時間かかってしまいますが、夏場は新宿駅から約2時間で本栖湖に着く高速バスも出ています。甲府からアクセスする場合はJR身延線の特急で本栖湖の西側に位置する駅に向かい、駅周囲からバスで本栖湖に向かう事も可能です。車でのアクセスについては、中央自動車道の河口湖ICを出て国道139号を西に向かって進んでいくと約30分で湖に到着します。

千円札の裏側に描かれている富士の姿を見る

日本の千円札には富士山が描かれていますが、この姿は本栖湖から見た富士山です。紙幣に描かれている通りの姿が見られる展望台は湖周辺の観光スポットの中でも特に人気があります。写真撮影スポットとしても良好なため、カメラを持ってきた場合は、是非こちらから千円札と同じアングルの富士山を撮影してみてください。

芝桜で有名な場所がある

本栖湖の約2kmには、春に大規模な芝桜に関するイベントが開催されるスポットがありますので、春に行く場合は是非こちらに芝桜を見に行ってみてください。東側の視界が開けているため、芝桜と富士山が共存する魅力的なアングルの写真を撮影する事も可能です。

フラマイレーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です