空港で自分の荷物が出てこない?見つかる可能性は?

空港の作業員のミスで発生するロストバゲージ

日数の少ない旅行だと荷物もそれほど持って行きません。しかし一定日数以上となると着替えの他に色々な物を詰めていきます。預ける荷物には貴重品はないので、着替えなどが主になるでしょう。でもそれらがなくなれば現地での滞在時に非常に困ります。海外旅行で良く起こるトラブルにロストバゲージがあり、自分の荷物が失われる状態を指します。いくら荷物を待っても出てこないので、最終的には係員などに事情を伝えなければいけません。原因として空港の作業員のミスがあるようです。それぞれの荷物に着ける札が別の便の札などになっていて、そうなると今頃荷物は別の国に行っている可能性があります。現地で見つかれば時間はかかるものの戻ってくるでしょう。

似ているスーツケースだと間違われる可能性

公共な場で傘などを傘立てに入れるとき、自分の傘と他人の傘を間違えるときがあるでしょう。子供なら名前を書いているので自分のものがわかりますが、大人だと名前で区別をする人は少なそうです。目印などを付けておくしかありません。海外旅行に行くときにも同様の問題があり、空港での荷物の受け取り時に間違って他人に持って行かれたりします。一応荷物が残っているもののそれが自分の物でないとき、形や色が似ているなら他人が持って行った可能性が高いでしょう。まずは自分の荷物が届いてない事実を伝えましょう。残っている荷物を持って行った人が間違えたのなら、その人を見つけ出せば何とか荷物は戻ります。悪意で持っていかれると戻ってこないかも知れません。荷物に目印などをつけ、間違われないように工夫しましょう。

フラマイレーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です